ansan's楽しい中国新聞(中国ニュース)
中国の本音とおもしろニュースを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋深まる

 中国もかなり秋が深まってきました。と言うかもう冬の入り口。朝晩は結構寒いです。けれども秋のピリッと冷えた空気はいい香りがします。

20071023215907.jpg
スポンサーサイト
[PR] 台湾留学サポート

張古山へ(番外編)

 張古山を後にして、向かったのはすぐ近くにある「万家嶺戦役」の戦場跡です。もともと張古山はこの戦役における戦場の一つでした。戦闘は周辺の村や山を含む広範囲にわたっていたそうです。

 そしてここにはきちんと看板がありました。ふだん訪れる人はほとんどいませんが、この戦いが日本軍と中国国民党軍の戦いだったため、台湾から毎年数人が訪れるとのことでした。
22.jpg

 奇しくも、この戦いが終わったのは1937年10月10日。明日がその70年目にあたる日です。

 70年前の激戦で、多くの戦死者を出したこの場所。戦闘が終わった次の年から、この辺りの山で取れる果物はとても甘くなったそうです。

28.jpg


おわり
[PR] 台湾留学サポート

張古山へ3

 ようやく張古山へたどり着きました。形はきれいな三角錐です。けれども思ったよりも小ぶりで、山というよりも、むしろ日本でよく見る鎮守の森というような感じです。
 
 しかし、この広い中国大陸で、よくこんな小さな山を見つけたもんだと我ながら感心します。もちろん、ここに来るまでいろんな人々に助けてもらったのですが、それとは別に何かに招かれるようにして、ここまで来たような気もします。
23.jpg


 中国式ではありますが、線香とお酒を供え、紙のお金を燃やして、ここで亡くなった方々を弔いました。
 
 実はこの時、不思議なことが起こります。案内してくれた村人に言われて気づいたのですが、線香の煙が風の流れる向きとは正反対の方向に流れていたのです。村人曰く、煙は亡くなった人が居る方向に流れていくのだそうです。
31.jpg


 お参りを終え、張古山を後にしました。現在の張古山村は七十年前に激戦が繰り広げられ、両軍の死体がこの周辺を覆っていたなど想像し難いほど平和な村です。

 村人の話によると、この辺りでは今でも夜になると、火の玉(鬼火)を見るそうです。
20.jpg


つづく
[PR] 台湾留学サポート

張古山へ2

 かなり昔の事なので、標識もなければ案内もありません。しかも中国では国民党軍の戦果であったこの戦いは、長く共産党によって歴史の陰に追いやられてきました。

 途中、村人に張古山への道を尋ねながら進みました。知っている人もいれば、知らない人もいます。けれども、みなさんとても親切に教えてくれます。
30.jpg


 いくつかの村を通り過ぎて行きます。ここに暮らす人々は昔ながらの生活を守りながら暮らしているようでした。
25.jpg


 30分ぐらい歩いたでしょうか、いよいよ目指す張古山が見えてきました。実はこの山、地元では釣鐘を伏せて置いたような形から鐘鼓山とも呼ばれています。
24.jpg


つづく
[PR] 台湾留学サポート

張古山へ1

 もう、ほとんどの日本人は知らないだろう思いますが「張古山」へ行って来ました。ここは先の大戦で中国大陸における激戦地になった場所のひとつです。日中両軍たくさんの人々が死傷しました。特に日本軍が惨敗した、この戦いは中国で「万家嶺戦役」と呼ばれています。
 
 中国の江西省に徳安市という名前の場所があり、そこの徳安駅が最寄り駅になります。町外れにあり、一日の乗降客も少ない小さな駅です。
19.jpg

 駅からはタクシーに乗ってとりあえず磨渓郷という村を目指します。実はこの時点で張古山がどこにあるのかよく知りませんでした。しかも予約していたタクシーが突然キャンセルになるトラブル。

 しかし、幸運にも偶然つかまえたタクシーの運転手の叔父にあたる人がこの村の出身者でした。もし運転手が彼でなかったら張古山を見つけ出すのはもっと難しくなっていただろうと思います。磨渓郷への道は日本でも見慣れたような農村の景色が続きます。
26.jpg

 タクシーで行けるのは途中までです。そこからは車を降りて、徒歩で張古山へ向かいます。現在の張古山への道は綿花畑と水田が続くのどかな道です。
29.jpg


つづく
[PR] 台湾留学サポート

初めまして

日本から中国へ向かう機内から撮影。韓国上空あたり?

ふだんは通路側の席を指定して出たり入ったり面倒な窓際の席には座りません。今回は飛行機が空いていたので一列を独占できました。

窓際もたまにはいいもんだなーと思いながらパチリ。
6.jpg
[PR] 台湾留学サポート

プロフィール

ansan01

Author:ansan01
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。